在籍確認の電話は派遣の場合はどこにかかってくるのか?

 
在籍確認の電話があることは仕方ないとしても、どこに電話がかかってくるかわからないと不安に思うことは間違いないでしょう。
通常はそのような心配をする必要はないのでしょうが、派遣の仕事をしている人の場合は、勤務先が派遣会社であるものの、実際に仕事をしているのは派遣会社ではなく、派遣先の会社です。

派遣の仕事が長いと、派遣先の職員の一部となり、自分の勤務先がわからなくなってしまうような人もいるかもしれません。しかし、消費者金融などの金融機関が在籍確認をする際に確認をするのは派遣会社のほうです。

 

これは、在籍確認の目的から考えれば比較的容易にわかるはずです。
・ 在籍確認は、無担保融資であるカードローンを契約する際、その返済原資が給与収入しかないため、本当に申込をした会社で働いているかを確認する必要があるため行います。

 

・ その方法はいくつかあるのでしょうが、職場に直接電話をして、本人と話ができれば職場で働いていることは確実だと言えるでしょう。つまり、給料をもらっている先に本人がいることを確認すればいいのです。

 

・ 派遣社員の場合は、給料を支払っている場所と、仕事の場所が違うわけであり、消費者金融が知りたいのは給料を支払っている場所なのです。

 

・ そのため、給料を支払っている先に電話をして、本人がいないことは承知のうえで働いている会社で在籍していると回答をしてもらえばいいのです。

 

・ もっとも、派遣会社によっては下手に回答していいかどうかがわからず、回答を留保する場合があります。その場合には、派遣先に電話をして本人に連絡を取り、派遣会社に回答してもらえるように依頼するようです。

こうして派遣会社の社員の方でも在籍確認の電話を受けることができるのです。